ベルリン旅 その3
12月のドイツにクリスマスマーケットは欠かせません
そこで、わたしたちもベルリンでマーケットのはしごをしてきました
マーケット巡りするつもりもなかったのですが、行く先々に一般的なものからエコ、入場料制など、いろいろな市があり、あるからには入らずにはいられなかったのです
そのいくつかをご紹介します
c0174392_21215287.jpg
Gendarmenmarktの市
ここは入場料1ユーロ
会場内には小さなステージがあり、わたしたちもパントマイムのパフォーマンスを見ました
ツリーのイルミネーションがきれいですねぇ
c0174392_2135311.jpg
Prenzlauer Bergのエコクリスマスマーケット
ここで飲んだカルバドス入りホットリンゴジュース、うちでも真似て飲んでます
c0174392_21414762.jpg
ベルリン市庁舎前の市
観覧車やスケートリンク、などさまざまなアトラクションもたくさん

そこで見つけたのがこれ
c0174392_21582336.jpg
移動キャッシュマシーン!
市でついついお金を使いすぎてしまった人たちが利用するのかな?

マーケットに入るとまずは香辛料入りのホットワイン、グリューワインで身体を温め、店々をのぞき、お腹の足しにバウムクーヘンやシュトーレン、ソーセージを食べて、…と、楽しかったなぁ

というわけて、今回は名所巡りとクリスマス市めぐりのベルリン旅となりました
まだまだ見たりない感はいっぱいですが、冬のベルリンを満喫してきたのでした
[PR]
# by cnosblog | 2010-12-21 22:01 | たび
ベルリン旅  その2
私たちがベルリンに着いた夜から雪が舞い始め、翌日起きると、外は一面の銀世界
気温マイナス8度の寒さにもめげず、街の名所を巡りました
c0174392_5275618.jpg

ブランデンブルグ門をくぐり、右に進むとドイツ連邦議会議事堂、
c0174392_5282644.jpg
左に行くとホロコースト追悼碑
c0174392_5285455.jpg
ここには2711個の石碑が立っているそう
中心にいくにつれ石碑は大きくなり、それらは私の身長をはるかに超えるほど
c0174392_5291433.jpg
戦時中に迫害された人々の苦しみを思い図ることは到底できませんが、石碑を縫うように歩いていると、静かに降りしきる雪のせいもあってか、背筋をピンと伸ばさずには足を踏み出せないような厳粛な気持ちになりました

追悼碑を去って、さらに先に行くとポツダム広場があります
c0174392_5294997.jpg
ここには東西にドイツを分割していた名残のベルリンの壁が
その背後に建つ近代的な高層ビルとコントラストを成しています

訪ねてみたい美術館はいくつもあったのですが、今回はバウハウス展示館のみを見学
c0174392_5303446.jpg
その代わり、でもありませんが、少し面白いツアーに参加しました
それは、冷戦期の核戦争を想定し、街の下を走る地下鉄の駅などを利用して造られた地下壕のツアー(こちらは写真撮影禁止です)
私たちが見学したのは、簡易ベッドやシャワー、トイレ、医務室、調理室が整った壕と、何の設備もなく放射能を遮断さえできない“気休め”的な壕

いずれの壕も住民のほんのわずかした収容できず、設備が比較的整った壕のほうでさえ、滞在リミットは2週間だそうで、ツアーガイドさんは“私だったら窮屈で、結局は2週間の猶予があるだけの壕には入らず、外に残る”とおっしゃってましたc0174392_5311153.jpg
同感です




あいにくの天気で部屋で留守番の多かったポチですが、ポチはポチなりに雪のベルリンを楽しんでいたようです
[PR]
# by cnosblog | 2010-12-18 05:47 | たび
初めてベルリン
12月の始め、ベルリンに行ってきました!
c0174392_23465078.jpg

ドイツに暮らしていながら首都、ベルリンを訪れたのは初めて

この冬一番の冷え込みと重なった数日間でしたが、凍える暇のないくらい、あちこち歩いて、見て、古くて新しいベルリンの街を満喫してきました

続きはのちほど…
[PR]
# by cnosblog | 2010-12-12 23:48 | たび
版画2つ
11月に誕生日があるオットの祖母と母に版画でカードを作りました
c0174392_2301179.jpg

誕生日にふさわしい題材なのかとか、一体これは何なんだという疑問は横に置いといて、思い描いた出来上がりに近いものができました

版画の粗い線やかすれた色が好きです
[PR]
# by cnosblog | 2010-11-18 23:12 | モノづくり
クグロフ
かなり以前、義母から贈られた陶器のクグロフ型

c0174392_22485013.jpgせっかくだからと一度使ってみようとしたら、生地を捏ね上げた後でバターを入れ忘れたのに気づき、慌てて無理やりバターを練りこんで…と大変な作業になったので、出来上がったクグロフはまあまあの味だったけれど、以来、型はキッチンの置物となっていました

なぜか急にクグロフを食べたくなって、久々に型を使って焼きました

今回はバターを入れ忘れることもなく、無事に完成!
外からは見えませんが、中にはラム酒に漬けたレーズンやレモンピールなどが入っています

ドライフルーツがたっぷり入った焼き菓子は好物で、クグロフもわたし好みの味に焼きあがりました
[PR]
# by cnosblog | 2010-11-17 22:51 | うちごはん